本文へ移動

「サクラ」のキッス受け止めて 南知多ビーチランド、セイウチが芸を披露

2021年3月28日 05時00分 (3月28日 12時54分更新)
観衆の親子連れらに投げキッスするセイウチのサクラ=南知多ビーチランドで

観衆の親子連れらに投げキッスするセイウチのサクラ=南知多ビーチランドで

 南知多ビーチランド(美浜町)で「さくらの日」の二十七日、セイウチのサクラ(雌、推定二十二歳)が得意な芸を披露した。
 さくらの日に合わせ、サクラをPRしようと初めて企画。飼育員の杉村亮さん(35)によると、サクラはセイウチでは珍しいピンク色の容姿が特徴で、一九九八年にロシアから来園した当時、飼育員が桜餅に似ているとして名付けたという。
 サクラはこの日、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

愛知の新着

記事一覧