本文へ移動

えっ162キロ?中京大中京・畔柳亨丞が投じた1球が…ネット上では「ほんま!?」など驚きの声も【センバツ】

2021年3月27日 15時34分

このエントリーをはてなブックマークに追加
先発の畔柳亨丞

先発の畔柳亨丞

◇27日 センバツ高校野球2回戦 常総学院―中京大中京(甲子園)
 中京大中京の先発・畔柳亨丞投手(3年)が5回に投じた1球が「162キロ」を計測した。誤作動で打球の速度を拾ったものと思われるが、ネット上では「162計測したぞ」「162キロほんま!?」などの声が上がっている。
 1死から7番・鳥山への初球。ストレートを中前にはじき返された1球が、スコアボードのスピードガンで自己最速の151キロを11キロも上回る162キロを表示した。
 畔柳は2回に今大会最速の149キロをマークした。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ