本文へ移動

なんと公式戦初打席で逆転サヨナラ打!東海大菅生の代打・多井耶雲が、名前通りの雲を突き抜けるような活躍【センバツ】

2021年3月27日 15時08分

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都国際―東海大菅生 9回裏東海大菅生2死満塁、逆転サヨナラ二塁打を放ち、ガッツポーズを見せる代打多井

京都国際―東海大菅生 9回裏東海大菅生2死満塁、逆転サヨナラ二塁打を放ち、ガッツポーズを見せる代打多井

◇27日 センバツ高校野球2回戦 東海大菅生5―4京都国際(甲子園)
 東海大菅生は逆転サヨナラで勝ちで初の8強入りを決めた。1点差に追い上げた9回2死満塁で公式戦初打席となった代打の多井耶雲(やくも)内野手(3年)が1ボール2ストライクから右翼線をライナーで破る2点決勝打を放った。「すぐに追い込まれたけど、気持ちでは負けていなかった。頭が真っ白になりました」。思わず全力でダイヤモンドを回った。
 名古屋市生まれで、名港ボーイズでプレー。開幕直前の登録変更で背番号18でベンチ入り。雲を突き抜けるぐらい大きくなってほしいと名付けた「耶雲」の名にふさわしい活躍。スタンドで応援した父・昭人さん(46)も「緊張したのを見たことがない。いつも通りでした。打球が抜けた瞬間はこっちがホッとして力が抜けました」と喜んだ。若林弘泰監督(54)は持ち味の向こうっ気の強さを評価しており、甲子園で輝いたヒーローを「ノックにも向かってくるような強気な性格」とほめた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ