本文へ移動

松本人志にマツコ除外で8位じゃ…東国原英夫は納得いかない?「飛車、角いないんじゃ…でもちょっとうれしい」

2021年3月27日 15時03分

このエントリーをはてなブックマークに追加
東国原英夫

東国原英夫

 関西テレビのバラエティー番組「昼間っから激論バラエティ 胸いっぱいサミット!」が27日、27年間の番組の最終回を迎えた。東国原英夫元宮崎県知事はコメンテーターランキング上位を目指した番組での奮闘を振り返った。
 番組の思い出を尋ねられた東国原さんは、20日の最後のランキング企画を取り上げ、「先週やっと、マツコさん、松本人志氏を抜いて8位になった。この5、6年ずっーと、ランキングに入ることだけが目標で一生懸命がんばってきたのよ」。
 喜ぶかと思いきや「最後に、将棋でいうと飛車、角、金、銀、桂馬を全部抜いている。そんなんで8位になっておもしろいか? それでも8位だよ。でもまあ、ちょっとうれしかった」と鍛錬の数年を振り返った。
 20日に放送されたコメンテーターランキングでは、1位は元大阪市長の橋下徹さん、2位はアンミカ、3位はミッツ・マングローブ。東国原さんは8位だったが、松本人志、マツコ・デラックスは除外されていた。
 1994年の番組開始時の番組名は「たかじん胸いっぱい」。歌手やしきたかじんさんが司会を務めた。2014年にたかじんさんが死去し、翌年、番組タイトルを変更。最終回ではたかじんさんの司会での奮闘ぶりが紹介された。
 橋下さんは「政治家になったきっかけにたかじんさんの後押しがありましたし、大阪をどうしようと話し、いくつか実現できたという自負がある。たかじんさんが少しでも喜んでくれたらと思います」と感謝した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ