本文へ移動

あの弾道でバックスクリーン!? 阪神・佐藤輝明のルーキー最速プロ初本塁打に驚愕の声続々

2021年3月27日 14時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・佐藤輝明

阪神・佐藤輝明

◇27日 ヤクルト―阪神(神宮)
 阪神のドラフト1位ルーキー・佐藤輝明外野手(22)=近大=が、開幕2戦目で12球団の1年目選手では最速となるプロ初本塁打を放った。
 「6番・右翼」でスタメン出場。1回2死三塁で迎えた第1打席、1ストライクから先発・田口のスライダーを強振すると打球はバックスクリーン直撃の2ランとなった。
 プロ5打席目でいきなり飛び出た一発に、ツイッターでは「佐藤輝明」「バックスクリーン」「プロ初ホームラン」が早速トレンド入り。「マジでエグいて!!」「もうちょい雰囲気に圧倒されるかなと思ってたら2試合目でホームラン…」と称賛のコメントが続々と投稿された。「あの弾道でホームラン入るの今プロ野球で佐藤くんだけかもな」と脅威の弾道に驚く声もあった。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ