本文へ移動

京都国際あと1死…初出場での8強ならず 先発・森下9回に逆転サヨナラ二塁打を浴び力尽く【センバツ】

2021年3月27日 14時01分

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都国際は5回に中川の三塁打で逆転するも…

京都国際は5回に中川の三塁打で逆転するも…

◇27日 センバツ高校野球2回戦 東海大菅生5x―4京都国際(甲子園)
 春夏通じて初出場の京都国際は9回逆転サヨナラ負けで8強を逃した。
 1回戦・柴田戦に続いて先発した背番号9の左腕、森下瑠大投手(2年)が3回までに2点を失ったが、5回に打線が奮起。無死からの連打をきっかけに作った2死満塁の好機で、3番・中川勇斗捕手が左翼線に走者一掃の逆転三塁打。4番・森下も左前適時打で続き、リードを広げた。
 4回以降は立ち直った森下は勝利が見えた9回、1点を返され、なお2死満塁から代打・多井に逆転サヨナラ二塁打を浴び、力尽きた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ