本文へ移動

<不死鳥> 水素で描く未来

2021年3月27日 05時00分 (3月27日 14時53分更新)
 二酸化炭素(CO2)の排出を抑制する脱炭素の潮流が世界的に広がっている。こうしたトレンドを捉え、敦賀市はCO2を排出しない水素エネルギーの産業化を目指している。「環境に配慮していないと、資本家から資金を集められなくなっている」と、市の担当職員は分析。環境に優しい水素を、企業誘致の武器としたい考えだ。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

福井の新着

記事一覧