本文へ移動

プロ注目の東海大菅生エース左腕・本田峻也は初戦に続きベンチスタート 鈴木泰成が2戦連続先発【センバツ】

2021年3月27日 10時58分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回戦もベンチスタートの本田

2回戦もベンチスタートの本田

◇27日 センバツ高校野球2回戦 東海大菅生―京都国際(甲子園)
 スターティングメンバーが発表され、東海大菅生(東京)のエース左腕、本田峻也投手(3年)は初戦に続いてベンチスタートとなった。背番号11の鈴木泰成投手(2年)が2戦連続で先発する。
 本田は最速143キロのプロ注目左腕で、1回戦の聖カタリナ学園(愛媛)では登板機会がなかった。鈴木は初戦で6回途中、被安打3無失点と好投した。
 京都国際は背番号9の森下瑠大(2年)が、初戦の柴田(宮城)戦に続いて先発する。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ