本文へ移動

【楽天】史上初3球団で開幕白星の涌井 モチベーションは石井新監督への恩返し「恩というのはなかなか返し切れないと思うので…」

2021年3月27日 05時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
頼りになる涌井

頼りになる涌井

◇26日 プロ野球開幕戦 楽天8―2日本ハム(楽天生命パーク)
 プロ野球史上初となる3球団での開幕投手白星だ。楽天は昨季最多勝の涌井が先発、7イニング無失点、被安打4、5奪三振の好投で開幕戦を飾り、“マー君ショック”を吹き飛ばした。
 西武、ロッテ時代を合わせると自身10度目の開幕投手の大役を終えた涌井は「ほっとしている。勝ちを期待されて送り出されたので、7回という長いイニングも投げたし、最低ラインはこなしたのでは」と満足げだった。
 この日は2回まで連続3者凡退。3回には2死一、二塁で松木剛の右前打で二塁走者が本塁へ突っ込んだが、右翼・田中和の本塁への好送球で失点は免れた。以降は得意球のシンカーも低めに決まり、走者を背負っても淡々と次の打者に集中できていた。
 西武時代にともにプレーした石井監督に、就任後初の公式戦勝利とウイニングボールもプレゼントし、安堵(あんど)の表情。「同じチームでまたやることになったけれど、恩というのはなかなか返し切れないと思うので、期待に応え続けていきたい」と新たな決意を込めた。
 チームの大黒柱としてのあるべき姿を見せた。「辛抱強く粘り強くが自分の持ち味。ランナー出しても最後の1本を打たせない、1点で止めるというそういう粘り強さを見せたい」。新指揮官を胴上げすべく、経験豊富な右腕は馬車馬のように働く覚悟だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ