本文へ移動

【DeNA】人的補償の田中俊 猛打賞6打点の陰にハマの番長あり…不振のオープン戦でも我慢の起用

2021年3月27日 05時30分

このエントリーをはてなブックマークに追加
9回表2死二、三塁、田中俊が左前に2点滴時打を放つ

9回表2死二、三塁、田中俊が左前に2点滴時打を放つ

◇26日 プロ野球開幕戦 巨人8ー7DeNA(東京ドーム)
 巨人にFA移籍した梶谷の人的補償でDeNAに加入した田中俊が「7番・二塁」で開幕スタメン。菅野を攻略するなど4打数3安打6打点の大暴れだ。
 「こうやって違うチームとしてドームでプレーできるのがすごくうれしかった。温かい声援で迎えてくれたファンにも感謝したい」
 敗戦にも田中俊は気持ちよさげだった。「すごいいいピッチャーなので対戦できるのがうれしい」と臨んだ菅野との対戦。2回無死満塁に中犠飛で初打点を挙げると、3回2死一、三塁から中前に会心のタイムリーを放った。圧巻は2点を追う9回だ。中川から一時は同点となる2点適時打。オープン戦は9試合無安打だったが、最後の試合で2安打を放ち、開幕スタメンにこぎつけた。それでも田中俊は我慢して使った三浦監督に対し「多くの打席に立たせていただいて感謝しかないです」。新天地でいきなり存在感を見せた男が今度は指揮官に初勝利をプレゼントする。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ