本文へ移動

【巨人】代打亀井 球団初の開幕サヨナラ弾「今季一番の当たりですね」と初打席で破顔一笑

2021年3月26日 21時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
代打亀井が右越えにサヨナラ本塁打

代打亀井が右越えにサヨナラ本塁打

◇26日 プロ野球開幕戦 巨人8―7DeNA(東京ドーム)
 ベテランがひと振りで決めた。歴史の1ページを刻む一撃だ。守護神の中川が2点を追い付かれ迎えた最終回。代打・亀井善行外野手(38)がDeNAの守護神・三嶋と対峙(たいじ)した。その3球目だ。139キロのスライダーにバット一閃。右翼席に豪快に運ぶ球団初の開幕戦サヨナラ弾だ。
 亀井は試合後のヒーローインタビューで「めっちゃうれしいです」と破顔一笑。さらに2021年初打席を振り返り「今季一番の当たりですね」と言って笑いを誘った。昨季と違い、有観客での開幕に関して「お客さんに感謝しています。こういう状況で球場に足を運んでくれることが僕たちは頑張れる力になれるのでありがとうございます」と38歳のベテランは感慨深げに語った。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ