本文へ移動

国内初の遠隔監視・操作型「自動走行車」 永平寺で27日に営業開始

2021年3月26日 05時00分 (3月26日 16時22分更新)
ドライバーや保安要員なしで走る自動運転の感想を語る杉本知事(右)=永平寺町荒谷で

ドライバーや保安要員なしで走る自動運転の感想を語る杉本知事(右)=永平寺町荒谷で

 永平寺町が進める自動走行車両サービス「ZEN drive(ゼン・ドライブ)」の車両が、国の規定する自動運行装置搭載車(レベル3)に認可されたことを受けて、車内完全無人化による営業運転の出発式が二十五日、同町荒谷であった。東京都内で開かれた自動運転の先進事例を発信するイベントとオンラインで結び、国内初の「遠隔監視・操作型」の車内完全無人化を発信した。
 出発式で...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報