本文へ移動

可児の久々利診療所、67年ご苦労さま 31日廃止へ閉所式

2021年3月26日 05時00分 (3月26日 13時23分更新)
久々利地区の住民に感謝の言葉を述べる熊谷所長(右)=可児市久々利で

久々利地区の住民に感謝の言葉を述べる熊谷所長(右)=可児市久々利で

  • 久々利地区の住民に感謝の言葉を述べる熊谷所長(右)=可児市久々利で
  • 花束を受け取る熊谷所長=可児市久々利で
 可児市久々利にある市唯一の国民健康保険診療所(久々利診療所)が31日で廃止となる。旧久々利村時代から67年間にわたり住民の健康を支えた地域医療の拠点。最終診療日となった18日、診療所で閉所式を開催。コロナ禍で小規模となったが、市の担当者や地元の関係者らが診療所職員に感謝を伝えた。 (織田龍穂)
 久々利診療所は一九五四(昭和二十九)年五月に開設。町村合併により可児町となった後、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報