本文へ移動

大鹿歌舞伎にサントリー地域文化賞 幅広い世代での継承評価

2021年3月26日 05時00分 (3月26日 15時53分更新)
盾を受け取る熊谷保存会長(右)と尾崎専務理事=大鹿村役場で

盾を受け取る熊谷保存会長(右)と尾崎専務理事=大鹿村役場で

 地域文化の発展に貢献した個人や団体を表彰する「第四十二回サントリー地域文化賞」に大鹿村の大鹿歌舞伎(国重要無形民俗文化財)が選ばれ、村役場で二十五日、盾や副賞の贈呈式があった。大鹿歌舞伎保存会長の熊谷英俊村長は「大変光栄。地域文化を守る意義を実感し、これからも頑張っていきたい」と喜びを語った。
 大鹿歌舞伎は江戸時代初期から各集落で演じられてきたが、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報

長野の新着

記事一覧