本文へ移動

”ミスパーフェクト”まさかの転倒…宮原知子SP出遅れ16位「演技全体として緊張」【フィギュア世界選手権】

2021年3月25日 21時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
転倒してしまった宮原知子

転倒してしまった宮原知子

◇24日 フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)第1日 女子SP
 女子SPは初優勝を目指す紀平梨花(18)=トヨタ自動車=が79・08点で2位発進した。坂本花織(20)=シスメックス=は6位、宮原知子(22)=関大=は16位。ロシア勢はアンナ・シェルバコワ(16)が自己ベストを更新する81・00点で首位発進し、エリザベータ・トゥクタミシェワ(24)が78・86点の3位で続いた一方、アレクサンドラ・トルソワ(16)は12位と出遅れた。ペアSPは三浦璃来(19)、木原龍一(28)組が64・37点の8位と健闘した。
  ◇   ◇
 “ミスパーフェクト”と呼ばれた宮原が、ジャンプの失敗で合計59・99点の16位と出遅れた。冒頭の3回転ルッツは回転不足の上に転倒。痛恨のミスを「自分で跳んだ感じは悪くはなかった。演技全体として緊張してしまった」と悔やむ。課題の精神面の弱さが露呈した格好で、フリーに向けては「自分の滑りを普通にするだけ」と気持ちを切り替えた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ