本文へ移動

ミス連発の坂本花織「これが現実」…女子SP6位発進【フィギュア】

2021年3月25日 18時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
6位発進の坂本(AP)

6位発進の坂本(AP)

◇24日 フィギュアスケート世界選手権(スウェーデン・ストックホルム)第1日 女子SP
 メダル争いに食い込みたかった坂本花織(20)=シスメックス=が、小さなミスを連発して合計70・38点の6位発進だった。「思っていた得点よりもだいぶ低かったが、これが現実だと受け止めてフリーにつなげたい」
 持ち味のスピード感ある滑りは見せたが、3回転ルッツで不正確なエッジと判定されて減点。得点源のフリップ―トーループの連続3回転ジャンプでも着氷が乱れた。
 2018年の全日本女王は挽回を期すフリーに向け、「『マトリックス』では2年間やってきたことを全部出せるように思い切ってやりたい」と意気込んだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ