本文へ移動

天理の8強は2008年以来13年ぶり 春は通算29勝目で仙台育英戦に史上10校目の通算30勝が懸かる【センバツ】

2021年3月25日 16時55分

このエントリーをはてなブックマークに追加
高崎健康福祉大高崎を破り、笑顔で駆け出す天理ナイン

高崎健康福祉大高崎を破り、笑顔で駆け出す天理ナイン

◇25日 センバツ高校野球1回戦 天理4―0健大高崎(甲子園)
 天理が193センチ右腕、達孝太投手(3年)の力投で、健大高崎に快勝した。
 天理の8強入りは西浦直亨(ヤクルト)がベンチ入りしていた2008年以来、13年ぶり8度目。夏は準決勝に進んだ17年まで11度、8強入りしている。今回の勝利は春の通算29勝目で、準々決勝の仙台育英戦に史上10校目のセンバツ通算30勝が懸かる。春夏通算77勝は歴代6位。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ