本文へ移動

琵琶湖周辺の生物や衛星写真で広さ体感 若狭・県年縞博物館で展示

2021年3月25日 05時00分 (3月25日 15時26分更新)
湖近くの水田に生息する「ダルマガエル」拡大模型(左)や、「アケボノゾウ」の足跡化石のレプリカ=若狭町鳥浜の県博物館で

湖近くの水田に生息する「ダルマガエル」拡大模型(左)や、「アケボノゾウ」の足跡化石のレプリカ=若狭町鳥浜の県博物館で

  • 湖近くの水田に生息する「ダルマガエル」拡大模型(左)や、「アケボノゾウ」の足跡化石のレプリカ=若狭町鳥浜の県博物館で
  • 琵琶湖地方の衛星写真を床マットにした「空びわ」=若狭町鳥浜の県年縞博物館で
 滋賀県琵琶湖博物館(同県草津市)所蔵品のうち琵琶湖周辺の生物など三点を紹介する企画展が、若狭町鳥浜の福井県年縞(ねんこう)博物館で開かれている。四月十九日まで。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報