本文へ移動

夜桜と共演楽しみ ぼんぼり 丸岡城に設置

2021年3月25日 05時00分 (3月25日 09時57分更新)
ソメイヨシノが早くも開花する中、丸岡城桜まつりに向けて組み立てられるぼんぼり=坂井市の丸岡城で(山田陽撮影)

ソメイヨシノが早くも開花する中、丸岡城桜まつりに向けて組み立てられるぼんぼり=坂井市の丸岡城で(山田陽撮影)


 「さくら名所100選」に選ばれている坂井市の丸岡城で二十四日、花見ぼんぼりの取り付け作業が行われた。丸岡城桜まつり初日の三十一日午後六時、天守前広場で点灯式が行われる。
 丸岡城周辺にはソメイヨシノが四百本あり、県内でも屈指の花見の名所として知られている。この日は同まつり振興会や市の職員らが暖かい日差しを浴びながら咲き始めた桜の下で、二メートルの支柱にボルトでぼんぼりを固定し、散策路や階段、天守前の広場などに立てていった。
 点灯は祭り期間中の四月二十日までの午後六〜十時。四月三、四日には丸岡城駐車場で飲食店が集まる城下市がある。三日午後七時と八時には丸岡体育館横のふれあい広場でスカイランタンが打ち上げられる。振興会の岩田龍見会長は「コロナ禍の中でも、春の興趣を楽しんでほしい」と話していた。スカイランタンの問い合わせ、申し込みは同振興会=0776(66)5880 (松田士郎)

関連キーワード

おすすめ情報