本文へ移動

コロナ退散祈願「四神」大凧見て 東近江で巡回展

2021年3月25日 05時00分 (3月25日 11時26分更新)

「四神」を描いた4基の大凧=東近江市八日市東本町の東近江大凧会館で

 昨年十月、奈良市の平城宮跡歴史公園で開かれたイベントで、新型コロナウイルスの収束を願って飛揚された四基の大凧(だこ)が、東近江市八日市東本町の東近江大凧会館で巡回展示されている。キトラ古墳の壁画にある「四神」がウイルスを焼き消すのをイメージした絵柄で、四月十一日まで見られる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報