本文へ移動

急逝の古賀稔彦さん、母親には病気を告げていなかった 「もう帰ってこんけんですね」連絡受け驚きと涙

2021年3月24日 16時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
古賀稔彦さん

古賀稔彦さん

 24日に亡くなった柔道家の古賀稔彦さん(享年53)の母、愛子さん(79)が同日、佐賀県みやき町の自宅で読売テレビ制作「ミヤネ屋」でインタビューに応じた。
 愛子さんはこの日の朝、古賀さんの長男から電話で訃報を知らされたそうで、「電話を受けてビックリした。やっぱり涙が先に出ますね」と振り返った。この日は古賀さんが起きてこないため、妻が「パパ起きて」と呼び掛けたところ、起きなかったとも明かした。
 古賀さんは病気について母に報告せず、愛子さんは「私には言わないで、ということだったらしいんですよ。全然何の病気かも知らないですし、やっぱり心配するから」と話した。手術を受けていたことも知らず、2、3日前に検査入院していたことを聞いたという。「いろいろあったらしくて、それから心配したっちゅう感じで、それまで全然知らなかったです」とも話した。病状はこの数日で急変したようだ。
 息子との急な別れには「私と逆になっとったけん、私が見送ってもらわなんとね。私が子どもば見送らんちゅうのは親としてはつらい」と嘆き、「もう帰ってこんけんですね。話しもされないしね」と涙をぬぐっていた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ