本文へ移動

松枯れ「被害応じた対策を」 松本市森林再生会議が市長に提言

2021年3月24日 05時00分 (3月24日 15時15分更新)
原座長(中)から提言を受け取る臥雲市長(左)=松本市役所で

原座長(中)から提言を受け取る臥雲市長(左)=松本市役所で

 林業関係者や有識者らでつくる「松本市森林再生検討会議」は二十三日、松枯れ対策や森林再生の展望をまとめた提言を臥雲義尚市長に提出した。「広大な山地で松枯れの防除はほぼ不可能」とした専門的見解の下、従来の対策を見直してマツが枯れた林の広葉樹林への転換や、林業振興による木材の活用、幅広い関係者が森林の長期ビジョンを話し合う必要性などを訴えている。 (竹内なぎ)
 松枯れ対策を巡っては、臥雲市長が昨年五月、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧