本文へ移動

サードから送球を安定させるには?

2021年3月24日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
 【質問】中学軟式のサードです。送球が安定しないのは、ボールを捕る位置が悪いと言われます。どういうことですか。 (町田市 S君=中2)
 【答え】どんなにうまい選手でも、すべての打球を理想的な位置で捕球することはできません。特にサードは打者から近く、強い打球が来るので、とっさの動きで逆シングルや体勢を崩して捕球することが少なくありません。そういう捕球のときに慌てると、しっかりした送球体勢ができないまま投げてしまい悪送球になります。どんな捕り方でも、その後にいい送球をするための正しい体勢をつくる努力をしましょう。
 送球の基本は、ステップアンドスローです。必ずステップを入れて姿勢を立て直してください。余裕があるときは、ファースト(あるいは投げる方向)に数歩ダッシュする形でステップを入れると投げやすくなります。私たちのころは、マウンドの近くまでステップしていって一塁に送球していた巨人の長嶋茂雄選手のまねをみんながよくしていました。
 ボールを捕る正しい位置とは、踏み出した左足の内側です。軽く肘を伸ばして、やや緩みをもってグラブが出てくると、右足の1歩目がスムーズに前に出ていい送球ができます。形にこだわりすぎると、下半身の動きが鈍くなるので注意してください。日本では小さいころから形を教えることが多いのですが、米国では形よりも捕ることが先と教えます。内野手は捕球を最優先にして、いかにいい送球をするかはその次と教えているのでしょうね。(慶大野球部元監督)
 【水、土曜日連載】
 ◆質問大歓迎 質問はメールかFAX03(3595)6937へ。
 〈質問メールアドレス〉sho79@siren.ocn.ne.jp

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ