本文へ移動

タミヤの商品や歴史紹介 御前崎で展覧会

2021年3月24日 05時00分 (3月24日 05時01分更新)
 静岡市駿河区の模型メーカー大手、タミヤの歴史や人気商品が一堂に会した展覧会「タミヤ春のホビーワールド」が、御前崎市門屋の静岡カントリー浜岡コース&ホテルで開かれている。1980年代に大人気だったミニ四駆のコレクションやミリタリーシリーズの商品が並ぶ。入場無料。4月4日まで。
 46年創業の田宮商事合資会社を前身に、世界的模型メーカーに成長した軌跡を紹介。スポーツカー、艦船、飛行機傑作機の各シリーズの模型を展示している。情景模型作家の青木周太郎さんと嘉瀬翔さんが、タミヤの戦車模型などで再現した第2次世界大戦の著名な作戦の大型模型=写真=がある。バルバロッサ作戦やノルマンディー上陸作戦などを35分の1サイズで表現した。
 パッケージデザインの原画やラジオコントロールカーなど合わせて340点展示。ミニ四駆を自由に走らせるコーナーもある。
 開場は午前10時半〜午後6時、会期中は無休。(問)同会場=0537(86)2025 (河野貴子)

関連キーワード

PR情報