本文へ移動

試験研究炉の検討委が初会合 敦賀のもんじゅ敷地に新設

2021年3月24日 05時00分 (3月24日 05時00分更新)
試験研究炉の活用策などを議論する参加者=敦賀市の福井大国際原子力工学研究所で

試験研究炉の活用策などを議論する参加者=敦賀市の福井大国際原子力工学研究所で

 廃炉作業中の高速増殖原型炉もんじゅ(敦賀市)の敷地内に新設される試験研究炉の設計に向け、県内外の関係機関による検討委員会の初会合が二十三日、敦賀市の福井大国際原子力工学研究所であった。出席者からは、放射線の活用に無縁だった地元企業が試験研究炉の利用に参画できるよう、人材の育成などを求める意見が出た。
 試験研究炉は日本原子力研究開発機構(原子力機構)と京都大、福井大の三機関が中核となり、二〇二二年度中に詳細設計に着手する方針で基本的な調査を進めている。検討委員会では三機関に加えて県や敦賀市、産業界、放射線利用に関連する団体や学会などが参加して利用ニーズや地元振興の意見をまとめることにしており、会合には約二十機関の代表者が出席した。
 原子力機構は今年一月から候補地の一地点で実施したボーリング調査で、地盤に大きな問題は見つからなかったと説明。二二年度は五地点で掘削するなどして本格的な地質調査に入ることを報告した。
 県内の経済団体などからは、試験研究炉を活用できる県内産業の育成や、JR敦賀駅からもんじゅ敷地へのアクセス改善を求める意見が出た。放射線利用関連の団体などからは、がん治療などの現場...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

おすすめ情報