本文へ移動

右サイド主戦場の伊東純也 日韓戦へ「得意部分を出しつつ成長した部分も出したい」

2021年3月23日 20時05分

このエントリーをはてなブックマークに追加
練習前にランニングする日本代表・伊東純也。左は冨安健洋

練習前にランニングする日本代表・伊東純也。左は冨安健洋

 サッカー日本代表は横浜合宿2日目の23日、国際親善試合の韓国戦(25日・日産スタジアム)に向け、冒頭以降は非公開でトレーニングした。
 右サイドが主戦場のMF伊東純也(28)=ヘンク=は今季、所属するゲンクですでに10ゴールをマーク。得意なチャンスメークに得点力を加え、「自分で(得点を)取ることもできたら、もっと選手としての価値が上がる」とゴール前へ飛び込む姿勢が奏功しつつある。
 日韓戦に向け、伊東は「元々、得意だった部分を出しつつ、成長した部分も出したい」と強力なアタッカーに進化した姿を披露するつもりだ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ