本文へ移動

三笘が久保建との初競演歓迎「一緒に練習したことある」 アルゼンチン戦へ武者震い【Uー24日本代表】

2021年3月23日 19時25分

このエントリーをはてなブックマークに追加
練習で競り合う三笘

練習で競り合う三笘

 東京五輪のサッカー男子、Uー24日本代表は千葉合宿2日目の23日、国際親善試合のUー24アルゼンチン代表2連戦(26日・味スタ、29日・ミクスタ)に向け、千葉県内でトレーニングした。昨季JリーグベストイレブンのMF三笘薫(23)=川崎=は今シリーズ最注目のMF久保建英(19)=ヘタフェ=との「初競演」を歓迎した。
 Jリーグを席巻するドリブラーが、南米の強豪相手に真価を発揮する。三笘にとっては、2019年12月の長崎合宿以来となる五輪代表活動。南米予選を1位で突破したアルゼンチンとの腕試しを前に「どれだけのスピード、テクニックか肌で感じられる。次のステップの機会にできたら」と気持ちを高ぶらせた。
 昨季は大卒(筑波大)ルーキーながらリーグ13得点12アシストを記録。ベストイレブンにも選ばれ、川崎のJ1制覇の立役者となった。だが、三笘は「まだまだ」と、繰り返す。
 「まだまだ代表の中では下だと思う。優勝して評価されたが、素晴らしいチームメートがいてのこと。ゴール、アシストだけではなく、底上げがまだまだ必要だと思う」
 今回は同時期に川崎の下部組織に所属していた、4学年下の久保との初競演にも注目が集まる。待望の“最恐デュオ”結成にも「一緒に練習したことはあるので、コミュニケーションは取りやすい。うまく連係できれば力になれる」と、自信を見せた。
 高みを目指す変幻自在のドリブラーは「足りない部分を感じる機会。この2試合は無駄にしてはいけない」。本大会の金メダル候補相手に自身の現在地を確かめる。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ