本文へ移動

大阪桐蔭がセンバツ初の初戦敗退 センバツ連勝も10で止まる プロ注目・関戸もピリッとせず

2021年3月23日 13時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
大阪桐蔭―智弁学園 1回裏智弁学園無死満塁、山下に先制犠飛を許す松浦

大阪桐蔭―智弁学園 1回裏智弁学園無死満塁、山下に先制犠飛を許す松浦

◇23日 センバツ高校野球1回戦 智弁学園8―6大阪桐蔭(甲子園)
 2年連続出場の大阪桐蔭は、センバツでは初となる初戦敗退を喫した。センバツでの連勝は「10」で止まった。
 初回、先発の松浦が安打と2四死球で無死満塁のピンチを招くと犠飛で先制を許す。さらに1死満塁で走者一掃の3点適時二塁打を許して一挙に4失点。その後は立ち直り、2回以降は智弁打線を無安打に抑えた。
 5回からはプロ注目右腕の関戸がマウンドに上がり、6回に2点を返すも直後に3点を失い、突き放された。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ