本文へ移動

【MLB】レッドソックス沢村、3戦目で初の無失点 “超異例”マウンドでの話し合いで前進

2021年3月23日 12時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
レッドソックス・沢村(AP)

レッドソックス・沢村(AP)

 レッドソックスと2年契約した沢村拓一投手(32)は22日、レイズとのオープン戦に5回から3番手で登板し、1イニングを1安打、1奪三振、1与四球。今春3試合目の実戦にして初めて押し出し四球を与えず、無失点に抑えた。
 球団公式サイトによれば、コーラ監督は進化を強調した。「良かった。すごく良かった。カウント2ストライクからのスプリットで右打者を泳がせていた。スライダーと直球も良かった。前進している。マウンドでしっくりきている感じだった」
 2死二塁からブロッソーを四球で歩かせた直後は、バスケス捕手がこの回2度目のマウンド訪問。ベンチから山口雄太郎通訳を呼び寄せ、内野陣も集結させた。中継局FSサンによれば、投手コーチがベンチに陣取ったままというのは「超異例」の話し合いで、同局のアンダーソン解説者は「捕手からすれば『球は来ている。もっと自信を持ってストライクゾーンを攻めろ』ということだろう」と推測した。
 コーラ監督は「オープン戦ならでは。クリスチャン(バスケス)がカズ(沢村)と話すのに、ユウ(山口通訳)を使えた。意思の疎通を図るためにクリスチャンがいい仕事をした。きょうのポジティブな場面だったね」と評価した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ