本文へ移動

【DeNA】山崎康晃はセットアッパー起用へ 9回打ち切り制見据え「先手が打てる」木塚コーチ示唆

2021年3月22日 17時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA・山崎

DeNA・山崎

 DeNAの木塚敦志投手コーチ(43)が22日、公式戦の9回打ち切り制で通算169セーブの山崎が大きなプラスになる考えを示した。木塚コーチは「そのルールを見据えた戦いの中で、後ろの厚みはすごく心強い。先手が打てるという意味合いに変わってくることもある」と同点の場面での起用を示唆。抑えに三嶋をすえた上でセットアッパーとして使う可能性を示唆した。
 木塚コーチは山崎が23日のロッテとの練習試合(横浜スタジアム)で1軍初登板することを明らかにした上で、9回制を「先手必勝というか、1点の重みがより違ってくる。無駄な1点がやれない」と終盤の攻防を予測。「リードしているのであれば大事に守りきることも大事。厚みがあった方がやはり心強い。タフなメンバーがいた方が逃げ切れる可能性が高い」と山崎の1軍復帰を大歓迎した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ