本文へ移動

37歳・渡部幸訓、1番人気の新鋭を破りG3初優勝「空気が読めなかったかな」【国際自転車トラック競技支援競輪】

2021年3月21日 19時52分

このエントリーをはてなブックマークに追加
G3初優勝を果たした渡部幸訓

G3初優勝を果たした渡部幸訓

 宇都宮競輪の「国際自転車トラック競技支援競輪」(G3)は21日、最終日の12Rで決勝戦が行われ、竹内雄作のまくりに乗った渡部幸訓(37)=福島=が鋭く差してG3初優勝を飾った。2着は佐々木悠葵の番手から抜け出した杉森輝大が入り、バックでまくりを放った竹内雄作が粘り3位を確保した。
 ◇  ◇  ◇
 1番人気の新鋭に立ちはだかったのは37歳の伏兵だった。「ゴールを通過した時は自分でいいのかな。空気が読めなかったかな」。2004年7月のデビューから約17年、念願のG3制覇に表情が崩れた。
 決勝は東北勢1車と不利な状況だったが、「強い自力選手ですから」と岐阜の竹内に続き大一番に臨んだ。打鐘から佐々木と小川真太郎が主導権争いを繰り広げる中、即席コンビが後方から一発を狙っていた。竹内がバックでまくり、佐々木をとらえると直線で鋭く差し切った。「佐々木君が突っ張ったら流すところがあると思っていたので、落ち着いて仕掛けてくれた」と相棒の冷静な判断にベテランは感謝を忘れなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ