本文へ移動

【J1名古屋】鹿島に稲垣一撃で開幕連勝記録 延長戦廃止以降リーグタイの「6」に

2021年3月21日 18時15分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鹿島―名古屋 後半、先制ゴールを決めて喜ぶ名古屋・稲垣(中)

鹿島―名古屋 後半、先制ゴールを決めて喜ぶ名古屋・稲垣(中)

◇21日 J1第6節 鹿島0―1名古屋(カシマスタジアム)
 名古屋グランパスは、MF稲垣祥(29)のゴールで鹿島に1―0で勝った。開幕からの連勝記録を延長戦が廃止された2003年以降ではリーグ記録に並ぶ「6」に伸ばした。
 グランパスは前半、鹿島の攻撃を受ける時間帯が長く続いた。しかし、今季5試合で1失点の守備陣が中央を固め、昨季18得点のブラジル人FWエベラウドら強力攻撃陣に自由を与えない。攻撃はU―24日本代表に選出されたFW相馬らが積極的にシュートを放ったが、チャンスの数は限られた。
 後半に入っても0―0の状態が続いたが、同14分についにスコアが動いた。FWマテウスがキッカーを務めた左CKを味方が頭ですらすと、ペナルティーエリア手前のMF稲垣が右足を一閃(いっせん)。今季3得点目となる鮮やかなミドルシュートが決まり、グランパスが先制に成功した。
 先制後はDF木本を投入するなど、堅守を発揮。同一シーズンではクラブ新記録となる5試合連続無失点で、代名詞の“ウノゼロ(1―0)”で勝利をおさめた。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ