本文へ移動

<しなのQ&A> 南信州の獅子舞、どう根付いた?

2021年3月21日 05時00分 (3月21日 14時02分更新)
高森町大島山で継承される宇天王と獅子=2010年4月

高森町大島山で継承される宇天王と獅子=2010年4月

  • 高森町大島山で継承される宇天王と獅子=2010年4月
  • 「屋台獅子」のルーツと言われる瑠璃寺の薬師本堂。右側の石垣の上に建つのは日吉神社=高森町で
  • おしえてほっしー
  • おやっきー博士
 飯田下伊那地域では例年、多くの春まつりで獅子舞が登場し、力強い舞を披露します。秋には伊那谷の獅子たちが集まる「南信州獅子舞フェスティバル」が開かれるなど民俗芸能が根付いています。どのように獅子舞が定着してきたのでしょうか。本紙県版キャラクターの「おしえてほっしー」が「おやっきー博士」に聞きました。 (二神花帆)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

長野の新着

記事一覧