本文へ移動

全国スポーツ、文化 出場中高生5人激励 朝日町

2021年3月21日 05時00分 (3月21日 11時26分更新)
笹原靖直町長(左から3人目)から激励を受けた左から松井暦大さん、家敷知明さん、吉井ひかりさん、太田裕矢さん、勝田未来さん=朝日町役場で(同町提供)

笹原靖直町長(左から3人目)から激励を受けた左から松井暦大さん、家敷知明さん、吉井ひかりさん、太田裕矢さん、勝田未来さん=朝日町役場で(同町提供)


 朝日町は、今月中にスポーツ、文化活動の全国大会に出場する町内の中高校生五人を激励した。
 五人は泊高校二年の松井暦大さん(レスリング)と家敷知明さん(アーチェリー)、水橋高校二年の吉井ひかりさん(テニス)、富山高校二年の太田裕矢さん(剣道)、朝日中学校一年の勝田未来さん(打楽器独奏)。
 激励は町役場であり、笹原靖直町長が「それぞれの大会を機に、今まで培ってきた能力を発揮してほしい」と五人を励ました。
 五人を代表し、家敷さんが「平常心を持って挑みたい。(町地域おこし協力隊員でアーチェリーを指導している)住友雅治コーチのためにもベスト8目指して頑張りたい」と大会への決意を語った。 (松本芳孝)

関連キーワード

おすすめ情報

富山の新着

記事一覧