本文へ移動

【中央競馬】武豊が阪神での騎乗取りやめ 20日の阪神10R、ゲート内で馬が暴れ右足部靱帯損傷 全治は未定

2021年3月21日 11時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊

武豊

 21日に阪神競馬場で騎乗予定だった武豊騎手(52)=栗東・フリー=が同日の騎乗を負傷のため見合わせた。20日の阪神10Rでソウルトレインに騎乗した際、ゲート内で馬が暴れて負傷。12R終了後に右足部靱帯(じんたい)損傷との診断を受けたため。自身3週連続の重賞制覇にアタックするはずだった11R阪神大賞典のユーキャンスマイルなど6鞍は、すべて乗り替わりとなった。
 全治は今のところ未定。28日に中京競馬場で行われる高松宮記念(G1、芝1200メートル)では阪急杯をレコードで快勝した有力馬レシステンシア(牝4、栗東・松下)とコンビを組むことになっている。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ