本文へ移動

【DeNA】平良拳太郎は2被弾5回3失点 開幕へは手応え「両サイドにも丁寧に投げることが出来ました」

2021年3月20日 16時47分

このエントリーをはてなブックマークに追加
5回、マーティン(後方)に本塁打を許したDeNA先発の平良

5回、マーティン(後方)に本塁打を許したDeNA先発の平良

◇オープン戦 DeNA―ロッテ(横浜)
 先発のDeNA・平良拳太郎投手(25)が2被弾され、5イニング3失点でマウンドを降りた。
 「序盤はストライク先行で低めにボールを集められ、両サイドにも丁寧に投げることが出来ました。本塁打を許したボールは反省点です。次回登板までに変化球の精度とストレートの強さも上げていきたいです」
 ここまで練習試合、オープン戦計4試合で10失点。自信をもって開幕ローテを務める状態ではなかった。
 しかし、三浦監督は開幕ローテの先発投手6人をローテ2巡目からは等間隔で回さず、1人増やした7人で相性の良い投手を先発させる方針。平良は昨季中日戦に2試合先発し、0勝2敗ながら、防御率1・80と相性の良さを示しており、4月6日からの中日戦(バンテリンドームナゴヤ)で起用される可能性は十分だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ