本文へ移動

【巨人】坂本勇人は8年ぶりマー君との対決に最敬礼「純粋にかっこいいなという気持ちで引き込まれていきました」

2021年3月20日 15時42分

このエントリーをはてなブックマークに追加
4回裏無死、中飛に倒れた坂本。右は楽天先発の田中将

4回裏無死、中飛に倒れた坂本。右は楽天先発の田中将

◇20日 オープン戦 巨人―楽天(東京ドーム)
 巨人・坂本勇人内野手(32)が20日、楽天戦でスタメン復帰。田中将大投手(32)と2013年11月3日の日本シリーズ以来、8年ぶりに激突した。1打席目は四球。2打席目はカウント1―1からの3球目、真ん中付近の149キロストレートを弾き返し、フェンスギリギリの中飛となった。
 小学生の時は同じチームだった田中将との対戦については「マウンドでの立ち姿、マウンドさばきを見ていると純粋にかっこいいなという気持ちで引き込まれていきました。公式戦で対戦できることを楽しみにして、次は打てるようにしたいです」とコメント。楽天とは交流戦開幕カードとして5月28日から東京ドームで3連戦が組まれている。
 この日は、14日の阪神戦(甲子園)で腰の張りを訴えて欠場して以来の実戦復帰。「開幕までの時間を有意義に使って、いいコンディションで臨めるように準備していきたいです」と語った。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ