本文へ移動

【センバツ】三島南の”二刀流”前田銀治がキラリ存在感 打っては2安打 9回のマウンドは3失点も「楽しめたかな」

2021年3月20日 15時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
鳥取城北―三島南 6回裏三島南1死、右越え三塁打を放ち、一塁を回る前田

鳥取城北―三島南 6回裏三島南1死、右越え三塁打を放ち、一塁を回る前田

◇20日 センバツ高校野球1回戦 鳥取城北6―2三島南(甲子園)
 高校通算19本塁打を記録し、投げても最速139キロを計測する三島南(静岡)の3番・前田銀治外野手(3年)は、2安打で存在感を示した。
 2点を追う6回の第3打席で外角直球を逆らわずに右越えに運び、三塁打。4番・小堂の中前適時打で反撃のホームを踏んだ。
 「外角に来たボールを逆らわずにチームバッティングできたので、すごくよかったと思う」。8回にも左前打をマーク。9回に上がったマウンドでは連続適時三塁打と犠飛で3点を失ったものの、自己最速を更新する143キロを計測した。投打二刀流は「最初はものすごく緊張していたんですけど、楽しめたかなと思う」と下を向くことなく振り返った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ