本文へ移動

【DeNA】桑原将志がロッテの佐々木から先頭打者弾 3割維持、開幕スタメン手中

2021年3月20日 14時38分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回、先制ソロを放ち、ナインに迎えられるDeNA・桑原

1回、先制ソロを放ち、ナインに迎えられるDeNA・桑原

◇20日 オープン戦 DeNA―ロッテ(横浜)
 10年目の桑原将志外野手(27)がロッテの佐々木千を打ち砕いた。「1番・中堅」でスタメン出場。1回裏、カウント3ボール1ストライクからの5球目、139キロのストレートを振り抜くと打球は左中間スタンドに飛び込んだ。
 「打ったのはストレートです。いつもと同じように集中して打席に入りました。自分が打ちに行くと決めたボールは一振りで仕留めたいと思っていたので、結果としてホームランとなりうれしいです」
 前日19日の西武戦(メットライフ)の9回にも2点適時打。オープン戦でここまで3割を維持し、開幕スタメンにまた近づいた。2016年に133試合で打率2割8分4厘、17年に143試合で2割6分9厘と活躍したが昨年は34試合で打率1割3分9厘。今季は復活を目指す。三浦監督が「チームに勢いをつける選手」と評価する桑原が期待通りの一撃だ。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ