本文へ移動

【楽天】田中将大、巨人・坂本と8年ぶり対決は四球も…岡本を147キロ内角速球で料理

2021年3月20日 14時04分

このエントリーをはてなブックマークに追加
1回裏2死、巨人・坂本と対戦する楽天先発の田中将

1回裏2死、巨人・坂本と対戦する楽天先発の田中将

◇20日 オープン戦 巨人ー楽天(東京ドーム)
 楽天・田中将大投手(32)が本番を前に最後の調整登板のマウンドに立った。先頭の梶谷を空振り三振に仕留めて上々のスタートを切ると、続く若林は遊ゴロ。東京ドームのボルテージが上がったのは、続く坂本を迎えた場面だ。坂本とは小学生時代のチームメートで、2013年11月3日の日本シリーズ第7戦以来の対決。前日に田中は「楽しみです。(もちろん抑えに?)そりゃそうでしょ。打たせてあげますよなんて、ないに決まってるじゃないですか」と笑みを浮かべていた。
 その対戦はフルカウントから田中が胸元に150キロの速球を投げ込んだが、坂本が見送りボール。四球で歩かせたが続く岡本を内角の147キロ速球で詰まらせ、三ゴロに仕留めて無失点のスタートを切った。なお、シーズン初登板は開幕2戦目の27日・日本ハム戦(楽天生命)の予定だ。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ