本文へ移動

アンミカ 五輪パラ演出騒動に疑問「1年後に出るのがすごく気味が悪い」「下ろしたい意図あったか」

2021年3月19日 15時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
アンミカ

アンミカ

 タレントのアンミカが19日、TBS系朝の情報番組「グッとラック!」に生出演し、東京五輪・パラリンピックの開閉会式の責任者だった佐々木宏さんが提案した演出が物議を醸し、辞任したことに言及。1年前の発言が流出したことに、リークした人の意図が「下ろしたいのかな」「不気味」とコメントした。
 問題の演出は、開会式のアイデアを佐々木さんが複数の関係者と「LINE」で話し合う中で出た発言。当時、メンバーからも不適切と指摘があり、やりとりのなかで謝罪し、発案を撤回した。
 アンミカは「この発案自体が五輪ではセンスもないし。まず、なんでこんなアイデアをプロの広告マンが出すんだろうっていう不思議さはあります。擁護が一切できません」とした上で、問題の発言が1年前のため「なにか不気味だな」と疑問を投げかけた。
 今回のように集団でアイデアを出し合い、発想を誘発させる会議手法「ブレーンストーミング」の内容は「ふつう世の中にでないもの」と指摘。広告業界について「量が質を生むから、とりあえずギリギリのアイデアを量で出し合って、その中から質の良いものを作っていって判断を保留するっていうこともされるらしい。その中で自浄作用で『そんなことはダメだよ』ねって言い合って『止めよう』って下げていく」と説明した。
 今回、佐々木さんの発案は仲間の指摘で撤回されていたため「それは一応できている」と指摘し、それを「わざわざ1年後に出すっていうことが、すごく気味が悪いというか。(佐々木さんを責任者から)下ろしたい意図がすごく強く出たのか。本当にこういう発言が許せないということで一年間、温めていたのか…」と報道に至った経緯を不審がった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ