本文へ移動

冬の使者が北帰行 福井・坂井でコハクチョウ

2021年3月19日 05時00分 (3月19日 05時00分更新)
雪解けが進む山々を背に、飛び立つコハクチョウ=坂井市坂井町西で

雪解けが進む山々を背に、飛び立つコハクチョウ=坂井市坂井町西で

 坂井市坂井町西の水田で十八日、冬の使者コハクチョウの北帰行が見られた。
 同所の水田はシベリアに帰るコハクチョウたちが羽を休める中継地になっている。日本野鳥の会の組頭五十夫(いそお)県副代表によると、今月上旬には二百九十羽がおり、朝から好天に恵まれたこの日は二百羽が確認された。
 組頭さんは「冬に水を張っておく『冬水田んぼ』が...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

写真の新着

記事一覧