本文へ移動

「やらかした…」橋岡優輝5度ファウル 唯一跳べた1回で22年ぶり室内日本新【陸上・走り幅跳び】

2021年3月18日 19時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
8メートル19センチの室内日本新記録を樹立した橋岡優輝=大阪城ホール

8メートル19センチの室内日本新記録を樹立した橋岡優輝=大阪城ホール

 陸上の日本室内選手権の最終日が18日、大阪市の大阪城ホールであり、男子走り幅跳びでは世界選手権8位の橋岡優輝(22)=日大=が、8メートル19の室内日本新記録で優勝。指導を仰ぐ森長正樹コーチ(48)が1999年にマークした8メートル07を22年ぶりに更新した。
 競技後の第一声は「やらかした」。6度の跳躍のうち5度がファウル。屋外とは異なる助走路に苦しんだが、踏切が合った唯一の跳躍で大ジャンプ。「冬期間のトレーニングで一瞬の出力が上がった」と手応えを得た。
 「森長先生の記録更新を第1目標にしていた。今後は屋外で8メートル40の日本記録更新、そして五輪でメダルを目指す」と意気盛んだ。
 男子60メートルに出場した桐生祥秀(25)=日本生命=は予選を6秒70で通過後、左膝裏の違和感で決勝を棄権した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ