本文へ移動

結婚、誕生、新築市民に記念樹 砺波、花と緑のフォーラム

2021年3月18日 05時00分 (3月18日 11時08分更新)
夏野修市長(左)から記念樹を受け取る長谷川傑さん、真貴子さん夫妻=砺波市のチューリップ四季彩館で

夏野修市長(左)から記念樹を受け取る長谷川傑さん、真貴子さん夫妻=砺波市のチューリップ四季彩館で


 砺波市の花と緑のフォーラムが、チューリップ四季彩館であり、花と緑に関心をもってもらうため昨年結婚、誕生、自宅を新築した市民に記念樹を贈った。
 記念樹はサザンカとキンモクセイ、ハナミズキの花木の苗木か、観葉植物ドラセナの鉢植え。申請した結婚三十組、誕生八十三人、新築四十四家族に贈る。
 結婚代表で受け取ったのは昨年九月に結婚した三郎丸の会社員長谷川傑(すぐる)さん(29)と真貴子さん(29)夫妻。ドラセナを「自宅のリビングに飾る」と喜んだ。
 誕生代表は昨年十一月に生まれた杉木の星屋佑吏(ゆうり)ちゃん。母親に抱かれて出席し、苗木を受け取った父の大工、吉宏さん(35)は「庭に植えて、一緒に大きくなるのを見守りたい」と話した。(松村裕子)

関連キーワード

PR情報