本文へ移動

桜鯛開花!タイラバで大型チャンス 金沢八景「野毛屋」から出船

2021年3月18日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
当日の最大3.9キロは王者の貫録十分。うれしさが込み上げてますね〜

当日の最大3.9キロは王者の貫録十分。うれしさが込み上げてますね〜

  • 当日の最大3.9キロは王者の貫録十分。うれしさが込み上げてますね〜
 桜鯛開花! 春の暖かい潮に乗って東京湾のマダイが活発な動きを見せている。横浜市金沢八景の「野毛屋」では産卵を控えたナイスボディーが連日船上をにぎわしているが、乗っ込み時期は大ダイ狙いのチャンスでもある。みんなでデカいの釣り上げてニッコニコのエビス顔になろうぜ!! (中日釣ペン 竹川啓二)

◆絶好期!!水深30〜70メートル前後

<概況&釣り場> 大潮回りを中心にほぼ周年マダイ釣りに出船する同宿だが、春は大型が期待できる絶好期。デカいの釣りたきゃ、まさに今でしょ!
 「卵を持っている魚もいるから乗っ込み開始だね。春はデカいのがバンバンヒットしてくるよ」とは大ダイ狙い一直線にブレなしの黒川勇治船長。
 釣り場は横須賀沖一帯。水深30〜70メートル前後を中心に天候や潮具合によって狙い場所を決めていく。同宿のマダイ船はタイラバの他、一つテンヤ、鴨居式などの餌釣りもOKだが、今回は初心者でも王者に出会えるチャンスが高いタイラバの釣り方をメインにご紹介したい。

◆タイラバ80グラムと100グラム 水深や潮流で使い分け

<タックル&仕掛け> 図を参照。竿は専用竿のほかルアーロッドやゲームロッドなども流用できる。タイラバは80グラムと100グラムを水深や潮の流れで使い分ける。
 ヘッドと呼ばれるオモリにラバースカートやネクタイと呼ばれるシリコンラバー製のヒラヒラ、それに針が付いたものが基本スタイル。それぞれ単品で売っているのでカスタマイズするのが最近のトレンドだ。

◆着底後は10メートルほど巻き上げ アタリあったら向こうアワセ

<釣り方> まずはタイラバを底まで落とし、一定のスピードで10メートルほど巻き上げるだけ。これの繰り返しだから初挑戦でもノープロブレム!
 アタリがあってもアワセは不要。そのまま巻き続け向こうアワセで針掛かりさせるのが大事だ。魚の重みと強引が伝わればファイト開始だ。
 ライトタックルだから強引なやりとりは禁物。リールのドラグを屈指してやりとりしよう。相手は海の王者だから油断しないようにね!

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ