本文へ移動

【FC東京】東京五輪世代 田川と渡辺剛が3試合ぶり白星導くゴール「チームも個人も強くなりたい」

2021年3月18日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
FC東京―湘南 後半、決勝ゴールを決めるFC東京・渡辺剛

FC東京―湘南 後半、決勝ゴールを決めるFC東京・渡辺剛

◇17日 J1第5節 FC東京3―2湘南(味の素スタジアム)
 FC東京が打ち合いを制し、3―2で湘南を振り切った。前半37分にFW田川亨介(22)、同40分にFWディエゴオリベイラ(30)がゴールを奪い、同点で迎えた後半36分にDF渡辺剛(24)の今季初得点となる決勝ヘッド弾で勝利をもぎ取った。
   ◇   ◇
 東京五輪世代が躍動した。先制され、逆転しても追いつかれ、それでも最後は笑った。立役者は田川と渡辺剛。青赤軍団が3試合ぶりの白星を飾った。
 序盤は停滞ムード。火を付けたのは、長谷川監督から「きっかけをつかめそうな選手の筆頭」とキーマンに指名されていた若きスピードスターだった。0―1で迎えた前半37分、得意のショートカウンターから走り込んだ渡辺凌がシュートを放つと、相手GKが弾いたボールに田川が素早く反応。ゴールへと右足で押し込み、試合を振り出しに戻した。指揮官の期待に応える一撃で息を吹き返した。
 試合を決めたのは、もう一人の東京五輪世代だ。後半34分に追いつかれ、その2分後。セットプレーのこぼれ球をつなぎ、小川がゴール前へとクロスを上げる。これを森重が頭で折り返すと、そこに渡辺剛が飛び込み、シーソーゲームに終止符を打った。
 「苦しい試合が続いているが、どうにか勝ちをつかまないといけない状況だった。諦めずに貪欲にゴールを狙っていた」。最後は中大時代の同期、湘南FW大橋の前に出て、高い打点のヘッドで合わせる意地の決勝弾だ。
 それでも、殊勲のヒーローに笑顔はない。「失点が止まっていないので守備の課題は多い。こういう試合を拾いながら、チームとしてしっかり勝っていきたい」と、相変わらずピリッとしない試合内容を反省した。
 開幕からリーグ全試合失点が続く。上位進出には克服しなければいけない課題だ。結果と内容の二兎(にと)を追う中で、渡辺剛は「チームとしても、個人としても強くなって勝てるチームになりたい」と力を込めた。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ