本文へ移動

【中日】スタメン出場の桂 適時二塁打も5失点のリードを反省「投手を引っ張れないと…」

2021年3月17日 21時40分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏1死一塁、桂が左中間に適時二塁打を放つ

2回裏1死一塁、桂が左中間に適時二塁打を放つ

◇17日 オープン戦 中日4―9巨人(バンテリンドームナゴヤ)
 中日・桂が適時二塁打で追加点を挙げた。1点先制した直後の2回1死一塁。1ボールから巨人・平内のカットボールを引っ張り、左翼線に運んだ。
 「チャンスで一振りで仕留められたので良かった」。9日の西武戦(ナゴヤ)に続く二塁打に手応えをのぞかせた。それでも守備では勝野、松葉と組んで6イニング5失点とリードを守れず「もう少し投手を引っ張れないといけない」と反省した。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ