本文へ移動

【阪神】2軍戦先発のチェンは久びさのナゴヤで炎上…古巣相手に8失点、6回途中降板

2021年3月17日 14時57分

このエントリーをはてなブックマークに追加
阪神・チェン(14)は中日・福留とあいさつを交わす

阪神・チェン(14)は中日・福留とあいさつを交わす

◇17日 ウエスタン・リーグ春季教育リーグ 中日―阪神(ナゴヤ)
 元中日で今季から阪神でプレーする台湾出身左腕のチェン・ウェイン投手(35)が17日、慣れ親しんだナゴヤ球場で久々に登板。6回2死を奪ったところまで投げて、チームメートだった福留孝介外野手(43)に2安打を浴びるなど11安打8失点と古巣相手に炎上した。
 チェンは2011年まで中日に在籍。米大リーグ移籍後もたびたびナゴヤ球場を訪れていた。試合前には福留と談笑し、旧交を温めた。2人はともに2012年に大リーグでプレーしているが、メジャーでの対戦はなかった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ