本文へ移動

退院後、初プールの日から1年…池江璃花子は前を向く「長いようで短かった…一歩ずつできるとこから頑張ります」【競泳】

2021年3月17日 14時13分

このエントリーをはてなブックマークに追加
昨年3月17日の写真をアップした池江璃花子(本人のインスタグラムより)

昨年3月17日の写真をアップした池江璃花子(本人のインスタグラムより)

 白血病からの完全復活を目指す競泳女子の池江璃花子(20)が17日、自身のインスタグラムを更新。退院後、初めてプールに入った日から1年が経過した現在の思いをつづった。
 昨年3月17日の写真をアップし、「退院後、初めてプールに入った一年前の今日。プールが新鮮で、塩素の匂いが懐かしいって感じてたな」と振り返り、「あれから1年、長いようで短かったです。辛くて、苦しくて、でも楽しくて、誰よりも充実した日を過ごせたと思います!」と記述した。
 さらに「1年前の自分は、1年後、今こうして元気に選手権に向けて頑張ってる、なんて想像もしてなかったな」「薬もたくさん飲んでたし、体も転んだら折れちゃいそうなくらい細いし、筋肉もないし…笑」と回想。「当たり前じゃないことがいつの間にか当たり前になってて、自分の過去を思い出すけど今は前を向くしかないって思います」と心境を語った。
 最後は「何が完璧でどこまで行ったら正解なのかは誰にもわからない、だから一歩ずつできるとこから頑張ります」と前向きに記した。
おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ