本文へ移動

「おれら…やってない」ジャニーズWEST・藤井流星 『おっとり』からしっかり者へ スイッチ入れたのは嵐・松潤

2021年3月17日 10時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャニーズ事務所

ジャニーズ事務所

 7人組男性グループ「ジャニーズWEST」が17日、日本テレビ系の情報番組「ZIP!」にVTR出演。メンバーの藤井流星(27)が、先輩グループである「嵐」のライブを間近で体感したことがきっかけで、自分たちの活動の意識が変わったと明かした。
 同日、7枚目のアルバム「rainboW」が発売された同グループ。デビュー7年周年を迎え「最も成長したメンバーは」と番組側から問われると桐山照史(31)が藤井の名を挙げた。
 デビューした時の藤井は「天然」と言われたり「おっとりした子ってイメージ」だったりしたが、今は「僕らのライブとかの構成を全部やってくれる子なので、しっかり者のイメージに変わっている」と話した。
 藤井は、嵐のライブがきっかけで自分の意識が変わったと説明。嵐の20周年を記念した「ARASHI ANNIVERSARY LIVE TOUR 5×20」のツアーの時に、松本潤の横に2日間くらい付いていたのだという。「嵐」として舞台に立つときの松本について「作り方を肌で感じさせてもらって、おれら…やってないぐらいの感じだった」と違いに驚いた。
 「そこから熱が上がって、いろんなライブ見て、グループのために頑張ろう」と思えるように『意識改革』されたという。重岡大毅(28)も「何か困ったら、僕すぐ藤井に言いますもん」と同意し、藤井が頼もしく成長したことにメンバーは感謝した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ